2020年活動報告

1.2020年シーズンの振り返り

2019年末の一時解散に加え、年初から新型コロナウイルス禍に見舞われた2020年シーズンでありましたが、SONNE Kamogawa B.S.に残ってくれたメンバーに加え、新たなメンバーも加えて2月より活動を再開し、3月の第2回BeachSoccer地域チャンピオンズカップ(沖縄県西原きらきらビーチ)に向けてチームを再結成することができました。 同大会はコロナ禍により中止されたものの、有志チームにて交流戦を行い、事実上のシーズンの本格スタートとなりました。


全国初の地域女子ビーチサッカーリーグ「関東女子ビーチサッカーリーグ」の創設に当たっては、当チームはリーグ参加のみならず、代表の岡野が事務局として中心的な役割を果たし、コロナ禍においてさまざまな対策と参加チーム、関係者の協力により無事記念すべき第1シーズンを収めることができました。

延期されていたHEKINAN CUP 2020(2020年10月24日・25日)にも出場でき、シーズンの最後は主催イベント「ゾンネ鴨川令徳カップ2020」も開催することができ、気持ち良く楽しく蹴り納めることができました。


SONNE Kamogawa B.S.にとって、また、拠点を置く南房総地域にとっても、2020年はビーチスポーツにおいて画期的な節目の年となりました。 私立鴨川令徳高校の校庭にビーチサッカー1面分を確保できる「鴨川令徳ビーチコート」が誕生し、活動環境が劇的に変わりました。 週数度行なっているフリー練習会には多くの地域の方々も参加し、ビーチサッカーの輪が徐々に広がりつつあります。

このようなありがたい環境をいただき、再始動したSONNE Kamogawa B.S.は短期間の内に急成長を遂げ、関東女子ビーチサッカーリーグでは並み居る強豪チームと渡り合い、最終ラウンドまで優勝争いの一角を担うことができました。


2021年シーズンは新型コロナウイルス禍が継続するものと思われますが、SONNE Kamogawa B.S.にとっても2018年のクラブ創設から3年が経過し、地域に根ざすビーチサッカークラブチームとして強い覚悟をもって新たなフェーズに突入する年と位置づけています。 地域を中心に男女問わず、引き続きビーチサッカーの輪を広げつつ、体制の強化を図り、南房総・鴨川から新たなビーチ文化を発信する土壌を醸成していきます。

みなさんの応援に厚く感謝申し上げるとともに、今後の活動展開にもぜひご期待ください。


2.各活動の報告

①大会参加

(1) 2020関東女子ビーチサッカーリーグ 4位/5チーム 勝点15 5勝0分3敗 ○最終節まで2位で優勝争いするも、4チームが同勝点で並び、当該チーム同士の対戦成績により4位 ○リーグ事務局を務め、参加だけでなく、リーグの企画・運営に貢献

(2) HEKINAN CUP 2020 10/24(土)・25(日) 3位/4チーム


②普及活動

(1)ゾンネ鴨川令徳カップ2020 11/29(日) 鴨川令徳ビーチコート

エンジョイクラス  1位 CHUVA BS  2位 安房拓心高校A  3位 安房拓心高校B  4位 SONNE OZEAN

レディースクラス  1位 SONNE DAWN  2位 SONNE MOND

ビーチボッチャ  1位 鴨川令徳高校  2位 SONNE Kamogawa B.S.  3位 CHUVA BS  4位 安房拓心高校

(2)月曜フリー練習会 ○だれでも参加可能 ○水曜夜や土・日曜昼間など、他の曜日・時間帯にも開催 ○今後は有料化(小学生は無料継続、学生は150円程度、一般は300円程度) ○地域のクラブ、高校なども参加して、活用してほしい。


③大会・合宿誘致 (1)JFA関東大会 7/25(土)・26(日) (2)関東BSリーグ 10/18(日) (3)関東女子BSリーグ 9/6(日)・10/11(日) (4)BSC川崎 合宿 9月・10月


④その他 (1)千葉県サッカー協会フットサル委員会ビーチサッカー担当(岡野) (2)選手・スタッフによるレフェリー資格取得(サッカー4級) (3)今後は定期的な交流戦を計画 SONNE(男子・女子)、長狭高校、安房拓心高校、地域クラブチーム、少年少女 (4)女子選手募集(中学・高校・一般) (5)2021年シーズン 2021年3月13日(土)・14日(日) 第3回BeachSoccer地域女子チャンピオンズカップ 2021年5月~(予定) 2021関東女子ビーチサッカーリーグ



40回の閲覧0件のコメント