IMG_2307-S_edited_edited.jpg

about SONNE

Not Sports But Sports | 楽しいスポーツが勝つ、この瞬間を

当クラブの代表はアスリート経験者ではありません。

女子サッカークラブの運営に携わったり、それをきっかけにさまざまなスポーツ関係者ともご縁がつながり、現在は鴨川市においてスポーツによるまちづくりの取り組みに関わっています。

Not Sports But Sports

直訳すれば「スポーツではないが、スポーツである」一体どういうこと?と思われる方も多いことでしょう。


代表がスポーツに携わってきた中で、欧米から日本にはスポーツのもつ「競技」「勝負」という意味だけが強く伝わり、スポーツのもつ「楽しさ」というものがあまり伝わってきていないのではないか、と思うようになりました。

「sport」ということばを英和辞典で調べると、一般的にイメージされる「運動」「競技」といった意味のほかに「楽しみ」という意味があります。


ゾンネは「sport」ということばに「運動」「競技」という意味だけを求めません。
むしろまず最初に本来のスポーツの原点である、だれでもできる「楽しさ」という意味を求めます。
その上で、本当の成長があると信じています。


欧米ではクロススポーツ(1人が複数の種目のスポーツをやること)がトップアスリートでも当たり前のように行われています。
日本ではどちらかというと1つの種目に限定し、固執するところがまだまだあります。複数の種目をやったら、どれも中途半端で、悪影響を及ぼすという考えが根底にあるからかもしれません。

しかし、それはむしろ逆で、複数の種目に取り組むことで心と身体のバランスが取れ、ケガをしにくい身体にもなります。また、実はメインとする種目に良い影響を与えることも多くあります。

私たちゾンネはビーチサッカーだけでなく、他のビーチスポーツ、さらにはアウトドアなど幅広い種目にメンバーの一人一人がチャレンジしていきたいと考えています。


その前提となるのはやはり「楽しさ」です。

Not Sports But Sports

楽しいスポーツが勝つ瞬間をいつの日か見たい。
その思いで活動を展開しています。

 

SONNE Kamogawa B.S.は「背番号1」を永久欠番とします。

5人制のビーチサッカーにおいて、背番号1は司令塔でありエースであるゴレイロ(ゴールキーパー)が着用することが多いですが、ゾンネはあえて1番を永久欠番とすることにしました。

ゾンネの考える1番とは、地域であり、サポーターのみなさんであり、パートナーのみなさんであり、ゾンネを支えてくださる、ゾンネとともにまちづくりを推進し、未来へ歩むすべてのみなさんだと思うからです。

私たちの常なる1番であるみなさんとともに、ゾンネの挑戦ははじまります。

永久欠番:1
 

AGENDA of Project SONNE

日出る國の日出る處から始まるスポーツの力×まちづくりプロジェクト

1.チーム名称
SONNE Kamogawa B.S.
(ゾンネ カモガワ ビーエス)
[SONNE] ドイツ語で「太陽」の意味

2.カテゴリー
女子ビーチサッカー


3.創設趣旨
温暖な気候に恵まれ、太平洋に面した南房総・鴨川には日本の渚100選にも選定されている前原・横渚海岸をはじめとする、美しいビーチがあります。


2014年、南房総初の本格的な女子サッカーチーム「オルカ鴨川FC」が創設され、2年目にしてチャレンジリーグに昇格。現在、なでしこリーグ1部を目指し、2部を戦っています。南房総地域では初の全国リーグに所属するチームとなり、地域の人たちに夢と希望、勇気、元気を与えています。


スポーツの力が地域を元気にしていく姿を見る中で、なんとかビーチという地域資源を活かして、スポーツと組み合わせて、単なる競技団体に留まらない、まちづくりスポーツクラブが創れないものか、と思案してきました。


そんな中、ビーチサッカーと出会い、オルカをヒントに、女子ビーチサッカーチームを立ち上げたら、オルカとも相乗効果となって、より盛り上がるのではないか。さらに選手たちにはまちづくりの現場にも携わってもらい、若い力をもって地域を活性化していく、そんなビジョンがひらめきました。


日本ではビーチサッカーはまだまだ黎明期と言えます。
男子もようやく各地域でリーグが整備され、本格的な全国大会がスタートしたところです。
ただ、日本人の身体的特徴から、実はサッカーのカテゴリーの中でも足腰の強く、敏捷性の高い日本人は砂の上で力を発揮できると言われており、実際W杯でも好成績を収めています。


女子ビーチサッカーについては、世界的にも欧州で盛んなくらいで、アジアではまだまだほぼゼロの段階と言える状況です。
日本でも本格的なチームは数少なく、国内では公式戦はこれまで行われておりません。
しかし、だからこそ、鴨川が女子ビーチサッカー界のパイオニアの一つになり得るチャンスでもあります。


実は鴨川市は全国で一番最初に(一般人が)初日の出が拝める場所でもあります。
まさに日出る國の日出る處の鴨川から、女子ビーチサッカーの世界を開拓していく。そして、スポーツの力を活用した、新たなまちづくりがスタートしていく。

大いなる夢に向かって、ドイツ語で「太陽」の意味を為すSONNE(ゾンネ)というチーム名をつけました。

さあ、はじめよう!

4.まちづくりスポーツクラブへ
SONNEは単なる競技団体ではなく、スポーツの力を活用したまちづくりスポーツクラブを目指します。
希望する選手・スタッフはビーチサッカーを極めていくほか、競技時間以外はまちづくりに関わる仕事を職務として、地域活性化に寄与してもらいます。
アスリートとして地域を背負い、地域のイメージアップを図るだけでなく、日常的にもまちを一緒に創っていってもらいます。

少子高齢化に苦悩する地方にはいわゆる「よそ者」の力が必要です。
その一方で、Iターン・「よそ者」が地域に融け込み、活躍するのにはたいへんな時間や苦労を要します。
しかしながら、スポーツ選手は地域を背負い、さらに地域に夢や希望を与えるエネルギッシュな存在として、地域のみなさんの支持を得やすいという面をもっています。
その意味でも、アスリートが地域づくりに一つの仕事として携わることには大きな意義があると考えています。

選手たちはスポーツの力でまちづくりができるという使命感、高いモチベーションをもって、まちづくりの現場に携わり、さらにアスリートととしても高みを目指していく。
地域はスポーツの力で、共に輝き、元気になっていく。
そんな相乗効果が生まれたら、きっと私たちの故郷の未来は明るく開けていくはずです。

5.SONNEの目指す未来
①南房総・鴨川のビーチスポーツを振興し、ビーチスポーツの聖地として地域を活性化していく。
②アスリートが生活を立てながら、競技以外においてもまちづくりに寄与するというモデルを創り上げる。
③スポーツの地位を向上させる。
④市内にビーチスタジアムを設け、エンターテイメント性をもって、スポーツ面だけでなく、観光・商業面の振興を図る。
⑤将来的に開催されるであろう、女子ビーチサッカーW杯日本大会誘致を実現させ、鴨川市を試合会場の一つとする。

​(2018年11月 記)